本文へジャンプ

学科紹介

機械工学科

機械工学科機械工学科
機械工学は、「モノをつくる」ための基礎となる学問です。私たちの身近な家電製品、コンピュータ、ロボット、自動車・電車・船・飛行機、宇宙船、発電設備など、機械工学の守備範囲はとても大きく広がっています。これからも医療・福祉やエネルギー・環境の分野などを中心に、私たちの豊かで持続可能な社会を目指す原動力としてますます発展していきます。機械工学科では、教室での授業だけでなく、実験・実習、チームプロジェクトや卒業研究などを通して、創造力豊かな技術者を育成します。私たちと一緒に、より良い社会の実現を目指しませんか?

授業ウォッチング

ものづくりの原点

機械工学科学生1年~3年を通して「機械実習」という授業があります。工具や計測器の使い方から始まり, 工作機械による金属加工など,ものづくりに必要な加工技術の基礎と安全への心構えを学びます。3年生では創造実習があり,アイデアを駆使したマシンによるチーム対抗戦を行います。
機械実習

アタマとカラダで基礎知識を理解

機械工学科学生4年生から「機械工学実験」が始まります。授業で学修した工学現象について実験を通して体験します。工学実験では熱,流れ,強度,振動,制御,材料についての専門知識を深く学び,さらに実験レポートを通して,データのまとめ方やコミュニケーション能力を身につけます。
機械工学実験


カリキュラム

機械工学の基礎

材料力学、熱力学、流れ学、機械力学の4つの主要科目に加え、材料学、制御工学、電気工学、電子情報、メカトロニクス、応用物理、情報処理などの基礎を学びます。

ものづくり

機械要素と機械工作法を踏まえた材料の工作と組み立て、基礎理論に基づいた設計製図、グループやチームによる創造演習を通して、ものづくりの楽しさと奥深さを経験します。

サイエンス&テクノロジー

理論を検証するための実験、企業や研究機関での学外実習、コンピュータによるシミュレーションやデザイン、技術に関わる産業法規・管理工学・環境マネジメント、創造性を育む卒業研究などを通して、“アイディア”を“かたち”にしていくプロセスを体験し、社会や自然との調和を考えることのできる科学技術のスペシャリストを目指します。

特色

在学中に受験できる主な資格

危険物取扱者(乙種・丙種)、エネルギー管理士、高圧ガス製造保安責任者(甲種機械・乙種機械)、工業英検、基本情報技術者 など

卒業後に受験・取得できる主な資格

危険物取扱者(甲種)、ボイラー技士(2級)、ボイラー・タービン主任技術者(第1種・第2種) など



卒業後の進路

主な就職先

石野製作所、アイナックス稲本、EIZO、オークマ、オリエンタルチエン工業、オリンパス、川崎重工業、花王、関西電力、キヤノン、京セラ、久世ベローズ工業所、グンゼ、コマツ、参天製薬、JR西日本、JR東海、ジェイ・バス、澁谷工業、SUBARU、セイコーエプソン、大同工業、ダイキン工業、ダイハツ工業、高松機械工業、中部電力、津田駒工業、DIC、東芝エレベータ、トランテックス、中村留精密工業、ナブテスコ、ニコン、ニッコー、パナソニック、日立製作所、ファナック、不二越、富士通、北陸電力、本田技研工業、マツダ、三菱重工業、三菱レイヨン、村田機械、ヤマハ発動機、YKK ほか

主な進学先

石川高専専攻科、金沢大学、富山大学、福井大学、長岡技術科学大学、豊橋技術科学大学、千葉大学、東京農工大学、電気通信大学、新潟大学、信州大学、三重大学、名古屋大学、名古屋工業大学、京都大学、秋田大学、富山県立大学、立命館大学 ほか

機械工学に対する情熱

  • 機械工学科 5年 中村 有吾(中能登町立中能登中出身)
    機械工学科機械工学科では、1年生の頃から授業で学んだ内容についてすぐに実験や実習を行い、自分自身が目で見て手を動かして理解を深めていきます。授業時間外でも、その知識で自分の“アイディア”を実現させることのできる場が多くあります。
    僕自身もその中の1つである高専ロボコンに参加しており、今後忘れることのない素敵な経験を得ることが出来ました。中学3年生の頃の僕は、「なんだか楽しそう」という軽い気持ちで石川高専機械工学科を志望しましたが、その頃に戻ってやり直せるとしても同じ選択をするくらい、楽しい生活を送っています。
  • 機械工学科教員 倉部 洋平 助教
    機械工学科教員自動車・ロボット・医療機器など、機械工学は世の中のほとんどの「ものづくり」に関わり、私たちの便利で快適な生活を支えています。機械工学科では、座学で専門知識を身に付けるだけでなく、実験や工場での実習を通して、生きた能力を身に付けることができます。機械工学科で学ぶ学生は、自分のアイディアを形にできるように成長し、創造的なエンジニアとして社会で活躍しています。
    私自身も、高専で学んだ後、大学・大学院に進学し教員となりました。現在は、授業を担当しながら、研究室の学生と一緒に、あらゆる材料を強く接合する研究に取り組んでいます。これからの世界を支える大事な技術です。機械工学科で私たちと一緒に「ものづくり」の勉強をしてみませんか。