本文へジャンプ

学科紹介

電気工学科

電気工学科電気工学科
「電気」と言っても、その内容はとても広く深いものです。エネルギー、力、情報、光と様々な面で「電気」は顔を見せ、地球に優しく、人々を幸せにする力を持っています。
電気工学科では、物事の仕組みや最先端技術に興味を持ち、社会に貢献したいという熱意溢れる学生を求めています。そして、電力、制御、通信、情報工学などのあらゆる専門分野を幅広く学び、知識と技術を兼ね備えた優秀な技術者を育成します。

授業ウォッチング

創造工学実験

電気工学科学生4年生になると「創造工学実験」という授業があります。3Dプリンタで製作した立体モデルです。材料は石膏です。コンピュータで設計した立体モデルが,そのままの立体の形で出来上がります。下の写真は製作に使用したZ310という3Dプリンタです。 創造工学実験

人間とコンピュータとの共通語を使いこなす

電気工学科学生2年生になると「プログラミングI」という授業が始まります。電気工学の分野ではコンピュータを使いこなす能力も重要です。しかし,そのためにはコンピュータと会話しなければなりません。といっても,本当に会話するわけではなくて,実際にはコンピュータへ的確な命令を出したり,コンピュータの状態を把握したりすることになります。この授業では人間とコンピュータとの共通語であるプログラミング言語の基礎を学ぶことで,コンピュータを自由自在に使いこなす能力を身に付けます。
プログラミングI


カリキュラム

電気工学の基礎

電気工学を学ぶうえで必要となる英語、数学、物理などの基礎分野をはじめ、電気・電子回路、磁気、プログラミングなどの専門基礎を低学年より学びます。

充実した学生実験

様々な分野で学んだ知識を活かし実験室でグループごとに行う実験と、教室の授業で学んだ内容についてその場で実験するin situ実験があります。また高学年になると積み重ねた知識や技術を活かして創造的な製作をします。

情報通信・デバイス・先端材料

携帯電話、テレビ、インターネットなどの通信技術をはじめ、レーザー、電子デバイスなどの技術を学びます。

エネルギー・電気機器・制御

エネルギーや動力としての電気をはじめ、モーター、発電機や制御などの技術を学びます。

特色

在学中に受験できる主な資格

電気主任技術者(第一種、第二種、第三種)、電気工事士(第一種、第二種)、工事担任者、基本情報技術者、ITパスポート、陸上無線技術士(第一級、第二級)など

卒業後に取得できる主な資格

電気主任技術者(第二種、第三種ともに実務経験が必要)

卒業後の進路

主な就職先

北陸電力、 JR西日本、JR東海、北陸電気保安協会、NHK、NTTファシリティーズ関西、NTTフィールドテクノ、YKK、キヤノン、パナソニック、富士電機、日本メックス、セコム、メンバーズ、花王、サントリー、澁谷工業、別川製作所、コマツ、キヤノンメディカルシステムズ、アール・ビー・コントロールズ、アイ・オー・データ機器、村田製作所、津田駒工業、石川サンケン、ニッコー、日本ゼオン、DIC、ジャパンディスプレイ、キヤノンマーケティングジャパン、パナソニックシステムネットワークス、日立パワーソリューションズ、ホクショー、オンワード技研、第一電機工業、ジェスクホリウチ ほか

主な進学先

石川高専専攻科、金沢大学、長岡技術科学大学、豊橋技術科学大学、東北大学、筑波大学、東京農工大学、電気通信大学、富山大学、福井大学、名古屋大学、京都大学、京都工芸繊維大学、大阪大学、九州大学、名古屋工業大学、立命館大学、ネブラスカ大学 ほか

電気工学に対する情熱

  • 電気工学科 5年 谷島 朱音(氷見市立北部中出身)
    電気工学科私は、中学三年の早い時期から、電気の専門知識を学べる電気工学科に魅力を感じ、石川高専に進学しました。電気工学科で学べる分野は幅広く、電気回路や電子回路、電磁気はもちろん、制御や通信、プログラミングなど様々あります。授業は座学だけではなく、実際に手を動かして、習ったことを確認できる実験や実習が多く、とても理解しやすいです。また、学生生活も非常に充実しており、部活動やコンテスト活動、球技大会、紀友祭など、楽しいイベントがたくさんあります。進路に迷っている皆さん、ぜひ、石川高専で楽しい学生生活を送ってみませんか?
  • 電気工学科教員 田中 文章 助教
    電気工学科教員 田中 文章 助教電気には「電気や熱、光など様々なエネルギーへの変換や制御が行いやすい」という他のエネルギー源にはない性質があります。その性質を利用して、家庭用のコンセントから非常に短い時間ですが北陸全体で消費されるような大電力を発生させる研究を行っています。大電力を使うことにより、雷やプラズマのような通常では発生させることの難しい現象も簡単に発生させることができます。これらは、未知の部分も多くやりがいのある研究対象です。みなさんも電気を変換することで起こる不思議な現象にふれてみませんか。