本文へジャンプ

学科紹介

建築学科

建築学科「建築」とは、歴史・文化・経済・心理などから成り立つ人間のくらしを理解し、安全性や快適性、地域や自然環境への配慮、様々な視点から建物をデザインすることです。建築学科では、設計や構造、環境などの基礎やコンピュータによる処理技術を学び、あらゆる角度から物事を捉え、柔軟な発想ができ、建築を通じて人々の幸せを創り出す技術者を育成します。

授業ウォッチング

学力と専門知識を段階的に学習

建築学科学生1年~5年を通して「建築設計」という授業があります。建築設計や製図技術に必要な学力と専門知識を段階的に学習します。1年生の小規模木造住宅から始まり,2年生には鉄筋コンクリート造,3~4年生では実在する敷地をモデルとして,地域社会と周辺環境に配慮した公共施設等 の設計を学びます。5年生では,国家資格「建築士」の試験問題に取り組みながら,図面を書き上げる実践的トレーニングを積みます。
建築設計

ベンチ模型の作成・発表

建築学科学生模型制作を通じて立体的に造形原理を学ぶ授業です。班ごとに製作した作品は学生同士で講評し合い,より適切な表現,製作方法について学習します。
ベンチ模型の作成・発表


カリキュラム

建築設計課題

1年生から自分で建築図面や模型をつくることにより、デザイン能力やCAD など図面を描く技術だけでなく、法律や構造など実践的に役立つ知識も養います。

快適な空間をつくる

人間の生活に影響を与える光や音、空気の流れについて学ぶことで、建物を設計する際に、窓の大きさや配置、冷暖房設備の計画、壁の内側などを考えるのに役立てます。

安心して生活できる建物

地震や台風、積雪などの自然災害にも負けない丈夫で安心できる建物をつくるための構造計算や、さまざまな建築材料の特性などを学びます。

特色

在学中に受験できる主な資格

建築CAD技術者,建築CADデザイナー,宅地建物取引士,カラーコーディネーター,福祉住環境コーディネーター,インテリアコーディネーター,キッチンスペシャリスト など

卒業後に受験・取得できる主な資格

建築士(1級,2級,木造),構造設計1級建築士,建築施工管理技士(1級,2級),建築主事,建築設備士, 管工事施工管理技士(1級,2級),商業施設士,インテリアプランナーなど

卒業後の進路

主な就職先

大林組、清水建設、竹中工務店、東レ建設、トーケン、佐藤工業、豊蔵組、前田建設、鹿島クレス、鴻池組、真柄建設、戸田建設、辻建設、JR東海、JR西日本、北陸電力、中部電力、東京ガス、NTTファシリティーズ、東芝エレベータ、三機工業、日成ビルド工業、ダイダン、柿本商会、鈴木管工業、三谷産業コンストラクションズ、大和ハウス工業、ニューハウス工業、積和建設北陸、長谷工リフォーム、北川ヒューテック、ラックランド、MBM、シンコール、YKKAP、国土開発センター、黒川雅之設計事務所、石川県庁、金沢市役所 ほか

主な進学先

石川高専専攻科、豊橋技術科学大学、北海道大学、広島大学、新潟大学、信州大学、横浜国立大学、千葉大学、三重大学、福井大学、京都府立大学、滋賀県立大学、首都大学東京、長岡造形大学、立命館大学、東京理科大学、奈良女子大学、室蘭工業大学 ほか

建築学に対する情熱

  • 建築学科 5年 坪田 咲(金沢市立緑中出身)
    建築学科 5年 坪田 咲さん「どんな自分になりたいの?」「これから君は何をしたいの?」そんなことを聞かれることはありませんか?
    私は、1を1のままにしておくのではなく、“0から1を創り出す”人になりたいと思います。自分が考えて創造した物を誰かに発信できるような人になりたいと思います。
    ここ、石川高専では、そのための基礎学力や、創造力、発信力などを身につけることができる場所です。
    自分の創り出したものを表現する難しさや、それができたときの嬉しさを感じる、そんなものづくりに関する、大切な事を学べる場所です。
    石川高専を目指すみなさんも、新しいものを創り出し、表現し、実現できる、そんな目標を持って頑張ってください!
  • 建築学科教員 本間 小百合 助教
    建築学科教員 本間 小百合 助教専門は鉄骨構造で、中でも「地震に対する安全な建物のしくみを考える」研究に携わっています。授業では「鉄骨構造」「構造力学」などを担当しています。本建築学科では、学生が主体となってモノゴトに取り組む姿勢を尊重しており、常に技術者の目でモノゴトを見たり、考えたりできる「気づく人」になれるような教育を設計、設備、環境、構造とさまざまな専門分野での教授陣により行っています。建築は人を中心にさまざまな分野に関わることができる学問ですから、アンテナを広く持ってモノゴトに素直に向き合っていってくださいね。