本文へジャンプ

学生生活

高専コンテスト

全国の高専生が技術と知識を競い合う様々な分野のコンテストが開催されています。授業で学んだことを活かして、チームでコンテストに挑戦することも、高専だからこそできる魅力のひとつです。

ロボットコンテスト

アイデア対決!全国高等専門学校ロボットコンテスト

平成27年に28回大会を数えた高専ロボコン。大会の模様はテレビでも放映されており、ご存知の方も多いのではないでしょうか? 毎年国技館で開催される全国大会の出場切符を目指し、8ブロックで地区大会が行われます。本校では、平成19年度からロボット研究部を立ち上げ、ロボット製作に取り組んでいます。なお、本校の全国大会への出場回数は、平成27年で16回となりました。

主な成績

平成21年度 地区大会特別賞(全国大会出場)
平成23年度 地区大会優勝(全国大会8位)
平成24年度 地区大会4位(全国大会出場)
平成25年度 地区大会優勝(全国大会出場)
平成26年度 地区大会準優勝(全国大会出場)

プログラミングコンテスト

全国高等専門学校プログラミングコンテスト

全国57校(国立51校、公立3校、私立3校)の高専生がコンピュータプログラムを競うもので、発想の柔軟性やレベルの高さから、ソフトウェア業界からも非常に評価の高い大会です。「課題」「自由」「競技」の3部門があります。いずれの部門も高専生が持つ若くて力強いエネルギーと発想の柔軟性を肌で感じることができると思います。本校は毎年全国大会に出場し、優秀な成績を収めています。

主な成績

平成20年度 「自由」部門 優秀賞
平成22年度 「競技」部門 優勝
      「自由」部門 敢闘賞
平成23年度 「課題」部門 敢闘賞
平成24年度 「競技」部門 3位
      「課題」部門 敢闘賞

デザインコンペティション

デザインコンペティション(デザコン)

昭和52年のシンポジウムに端を発し、平成16年には本校が主管となって第1回大会が開催されました。毎回設定されるメインテーマに沿い、「構造デザイン」、「空間デザイン」、「創造デザイン」、「AMデザイン」、「プレデザコン」の5部門において高専生が創造性と技術力を競います。本校ではいくつかの部門で毎年予選審査を通過して全国大会へ出場し、優秀な成績を収めています。

主な成績

平成22年度 構造デザイン部門 日刊建設工業新聞社賞
平成24年度 環境デザイン部門 優秀賞
平成25年度 構造デザイン部門 審査員特別賞
      空間デザイン部門 最優秀賞
平成26年度 空間デザイン部門 優秀賞
      構造デザイン部門 審査員特別賞
      環境デザイン部門 審査員特別賞
平成27年度 空間デザイン部門 審査員特別賞

英語プレゼンテーションコンテスト

全国高等専門学校英語プレゼンテーションコンテスト

高専生の英語表現力の向上と国際感覚豊かな技術者育成を目的とした競技で、「英語プレゼンテーションの部」と「英語スピーチの部」で構成されています。二部門とも予選の後に全国大会が行われます。本校は毎年予選を通過し、全国大会に出場して優秀な成績を収めています。プレゼン部門で9年連続全国大会出場を果たしているのは本校だけです。

主な成績
平成19年度
第1回大会プレゼン部門 全国優勝
平成21年度
第3回大会スピーチ部門 全国優勝
平成24年度
第6回大会プレゼン部門 全国優勝
平成25年度
第7回大会スピーチ部門 特別賞
平成26年度
第8回大会プレゼン部門 3位
平成27年度
第9回大会プレゼン部門 3位

ページの先頭へ戻る