本文へジャンプ

専攻科紹介

研究取り組み

専攻科カリキュラムのうち,2年間にわたり約6割の時間が特別研究に充てられています。幅広い知識と技術を身につけることにより,より深い考察ができるようになります。本科5年生で取り組んだ研究課題を引き続き同じ指導教員のもとでより深く,より高度に取り組むことが可能です。

また,学会などの研究発表の場も増えるため論理的な記述や表現力が身につきます。

代表的な研究テーマ

電子機械工学専攻
  • 塑性流動を用いた接合法の開発
  • PVD処理によるハイス工具の冷間鍛造における耐久性向上の検討
  • ロボットの自律制御システムの開発
  • 材料製造とエネルギー有効利用にかかわる伝熱的研究
  • ロボットの機構開発およびその制御に関する研究
  • 導電繊維素材によるセンシングに関する研究
  • 電磁波工学関連の観測システム開発・計測,及び遠隔探査に関する研究
  • 無機・有機半導体薄膜の作製とデバイスへの応用
  • レーザを用いた電子材料・素子の開発
  • ディジタル信号処理に関する研究
  • レーザーアブレーション法による機能性デバイスの作製と評価
  • 瞬時空間電圧ベクトル変調に基づくACサーボシステムに関する研究
  • ステッピングモータの制御システムの高性能化に関する研究
  • フィードバック制御系によるシステム開発
  • 衛星搭載用電界センサの特性についての研究
  • 環状型磁場閉じ込めプラズマにおける外部摂動磁場とMHD不安定性に関する研究
  • 高電圧発生回路とその応用に関する研究
  • ビデオ教材検索システムの開発
  • ソフトウエア無線技術を利用した変調信号発生器の実現に関する研究
  • ものづくり教育教材に関する研究
  • 環境モニタリングシステムに関する研究
  • 画像情報処理に関する研究
  • 屋内位置検出によるアプリケーション開発
  • メディアコンテンツ制作
  • AI(artificial intelligence),IoT (internet of things),Big Dataに関する研究
  • VR/AR/MR (virtual / augmented / mixed reality)に関する研究
  • ハードウエア設計記述の検証・テスト・デバッグ支援ツールの構築
  • 画像メディアの品質評価と応用に関する研究
環境建設工学専攻
  • 舗装の構造評価と性能予測
  • RC及びPC部材の非線形解析に関する研究
  • コンクリート構造物の性能確保に関する研究
  • 各種地盤材料の特性解明とその改良
  • 河川・湖沼および各種水理構造物周辺の流動に関わる水理・水文特性の解明とその応用に関する研究
  • 湖沼水質改善に関する研究
  • コンクリートの耐久性向上に関する研究
  • 地震時土構造物破壊現象に関する地盤材料特性・理論解析とシュミレーション
  • 高齢化社会に適合した交通サービスの設計に関する研究
  • 空間構成による環境形成の研究
  • 都市・農村等の地域特性をふまえた地域活性化手法の分析
  • 地域特性を考慮した構造物の動的挙動に関する解析
  • 構造模型の力学特性の算出手法に関する研究
  • 地域に現存する伝統的建物に関する研究
  • 建築史にみる住宅建築に関する研究
  • 建築環境(熱・湿気,音,光)と人の生活環境との係わり
  • 伝統的建造物や近現代建築に関する建築資料/史料および空間構成に関する研究

ページの先頭へ戻る